IFRSの新リース会計 ~概説 IFRS第16号~ | KPMG | JP

IFRSの新リース会計 ~概説 IFRS第16号~

IFRSの新リース会計 ~概説 IFRS第16号~

あずさ監査法人は、日本語解説資料「IFRSの新リース会計 ~概説 IFRS第16号~」をIFRSサイトに掲載しました。本冊子は、国際会計基準審議会(IASB)が2016年1月13日に公表したIFRS第16号「リース」につき、その基本的な考え方及び適用上の論点の所在を、主に借手会計を中心に、豊富な図解とともに説明を行うものです。

関連するコンテンツ

内容

  1. IFRS新リース会計の重要ポイント
  2. 新たに導入される会計モデルの概要(イメージ)
  3. リース会計の範囲と適用単位
  4. 借手の会計処理
  5. 貸手の会計処理
  6. 当初測定における個別論点
  7. 事後的な変更
  8. その他の論点
  9. 表示・開示
  10. 経過措置及び初度適用
  11. 米国基準との主要な差異
  12. 本冊子について

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信