FASB - 収益認識に関する基準書の改訂に関するASU案を再確認し、開示を軽減する可能性について討議

FASB - 収益認識に関する基準書の改訂に関するASU案を再確認し、開示を軽減する可能性について討議

Defining Issues 16-05 - FASBが2016年2月10日に、収益認識に関する基準書の基本原則を変更することなく、範囲に関する限定的改訂及び実務上の簡便法に関する2015年9月30日に公表したASU案を再確認したことについて記載しています。FASBは、この基準書のもとでの開示の軽減を拡大するための提案についても討議しました。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 回収可能性
  4. 移行時の完了済契約
  5. 移行時の実務上の簡便法
  6. 売上税の表示:総額か純額か
  7. 現金以外の対価
  8. 未履行の履行義務に関する開示を軽減する可能性
  9. 次のステップ

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン