不確実性時代におけるサプライチェーンマネジメント進化の方向性

不確実性時代におけるサプライチェーンマネジメント進化の方向性

今日、国内市場の成熟化やテクノロジーの進展、経済のグローバル化などにより、経営の難易度が飛躍的に上昇しています。この不確実性の時代においては、需給バランス確保とビジネスプロセス最適化を追求する旧来のサプライチェーンマネジメントだけでは、本来の目的である経営目標を達成することが困難になってきています。

関連するコンテンツ

それでは、経営計画などの目標を達成するために、今日のサプライチェーンマネジメントはどうあるべきでしょうか。

このような背景を受けて、再度Sales & Operations Planningが注目を集めていますが、それだけでは不十分と考えます。本稿においては、その先を見据えて、特に重要なリスク要因である戦略リスクに焦点を当てながら、不確実性の高い今日におけるサプライチェーンマネジメント進化の方向性を論じます。

内容

  1. 不確実性時代にSCMが求められていること
  2. 不確実性時代におけるSCM進化の方向性
  3. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
パートナー 坂田 英寛

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン