IFRS財団とIASBは公共の利益のために仕事をしているのか?

IFRS財団とIASBは公共の利益のために仕事をしているのか?

国際会計基準審議会(IASB)は公共の利益のために国際財務報告基準(IFRS)を開発していないのではないかという批判があります。その原因として、IASBの監督機関である国際財務報告基準財団(IFRS財団)のガバナンスや資金調達に問題があるのではないかと考える人がいます。

関連するコンテンツ

2015年9月14日、IASBのHans Hoogervorst議長とIFRS財団の評議員会のMichel Prada議長の連名で「公共の利益のために仕事をする:IFRS財団とIASB」が公表され、これらの批判に対するIFRS財団とIASBの見解が示されました。

本稿では、示された見解の概要をご紹介します。

内容

  1. はじめに
  2. IFRSによる公共の利益
  3. IFRSは誰のためにあるのか
  4. IFRSの特徴
  5. ガバナンス、資金調達及び説明責任
  6. 結びに代えて

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
IFRSアドバイザリー室
パートナー 川西 安喜

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン