新しい企業年金~労使リスク分担型企業年金の概要 | KPMG | JP

新しい企業年金~労使リスク分担型企業年金の概要

新しい企業年金~労使リスク分担型企業年金の概要

2015年9月、厚生労働省は新しいタイプの企業年金制度の創設を提案しました。この制度は、確定給付型と確定拠出型の中間的な制度であり、年金資産運用等のリスクを会社と従業員が分担する仕組みとなっています。

関連するコンテンツ

日本企業の多くはまだまだ確定給付型制度を採用しており、これに伴う資産運用等のリスクは会社が負担しています。一方、このような負担の軽減策の1つである確定拠出年金は、従業員の自己責任で資産運用を行う制度であり、従業員がリスクを負担するため、移行に慎重になる場合もあると思います。今回提案された新制度は、両者の中間的な制度であり、企業年金の選択肢を増やして企業年金の普及に寄与することが期待されています。
本稿では、この新しい企業年金制度の概要を説明するとともに、提案の背景や課題などについても解説します。

内容

  1. 新制度導入の背景
  2. 新制度案の具体的な内容
  3. 新制度普及のポイント

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融アドバイザリー部
パートナー 枇杷 高志

日本基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信