システム関連業務における再委託先管理の実務 | KPMG | JP

システム関連業務における再委託先管理の実務

システム関連業務における再委託先管理の実務

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第18回 - 金融機関に限らずシステム開発やシステム運用の現場においては、高度なITスキルの享受や短期間でのシステム開発の実現のために外部への業務委託が盛んに行われている。一方で、外部委託先がかかわる情報漏えいや情報の不正利用などの問題も発生しており、外部委託先管理の重要性はより高くなっている。

関連するコンテンツ

このような状況のもと、金融庁は平成27年4月に「主要行等向けの総合的な監督指針」、「金融検査マニュアル」等を改正した。

本稿では金融庁の改正を踏まえ、外部委託先管理における再委託先管理の具体的な対応について考察する。

内容

  1. 改正のポイントと現状
  2. 再委託先管理の取組み
  3. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー 磯野 央也

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信