KPMGフォーラム2015 - IoT時代の経営イノベーション 講演報告【パネルディスカッション】成長戦略を支えるIFRS - その最新動向を探る

講演報告 成長戦略を支えるIFRS - その最新動向を探る

KPMGジャパン開催「KPMGフォーラム2015 - IoT時代の経営イノベーション」は、企業の皆様が日々向き合われている課題の解決に向けて、さらに、将来の新しい時代を切り開く付加価値の高い情報提供をすべく14年目を迎えています。

関連するコンテンツ

わが国における政官民の各界の取組みによりIFRS任意適用会社が急速に増え、導入表明企業も含めると100社を超えるまでになってきている現状を踏まえ、名古屋大学の角ヶ谷典幸教授より「日本におけるIFRS適用を巡る見解の多様性」について、2009年公表の中間報告以来、各界の代表者がどのような根拠で、いかなる立場で表明してきたか定量分析等を交えてご講演頂きました。続いて、IFRSを日本に導入するにあたり、企業会計基準委員会(ASBJ)委員として先導的役割を果たされ、また、東海地区でいち早く「グローバルメガサプライヤー」への成長に向けた経営革新運動としてIFRSを導入された住友理工株式会社の西村義明会長より「IFRSの取組み、メリット、課題等」についてご講演頂きました。最後に、IASB元理事であずさ監査法人の山田辰己を交えて、講演内容をを深堀する形で、IFRSの現状・将来について、パネルディスカッションが行われました。

1.日本におけるIFRS適用を巡る見解の多様性

名古屋大学 大学院経済学研究科 教授
角ヶ谷 典幸 氏

2.グローバルサプライヤーへの成長に向けたIFRS導入

住友理工株式会社 代表取締役会長 兼 CEO
西村 義明 氏

3.パネルディスカッション IFRSの現状と将来

名古屋大学 大学院経済学研究科 教授
角ヶ谷 典幸 氏

住友理工株式会社 代表取締役会長 兼 CEO
西村 義明 氏

IASB元理事
有限責任 あずさ監査法人 パートナー 公認会計士
山田 辰己

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン