G-SIBs及びD-SIBsの指定について(金融庁)

G-SIBs及びD-SIBsの指定について(金融庁)

(平成27年12月4日 金融庁)金融庁は平成27年12月4日にグローバルなシステム上重要な銀行(G-SIBs:Global Systemically Important Banks)及び国内のシステム上重要な銀行(D-SIBs:Domestic Systemically Important Banks)を指定しました。

関連するコンテンツ

G-SIBsとして、金融安定理事会(FSB)の選定に基づき、三菱UFJフィナンシャル・グループ(追加的な資本賦課水準1.5%)、みずほフィナンシャルグループ(同1.0%)、三井住友フィナンシャルグループ(同1.0%)が指定されました。
D-SIBsとして、G-SIBsに指定された先に加えて、三井住友トラスト・ホールディングス(同0.5%)、農林中央金庫(同0.5%)、大和証券グループ本社(同0.5%)、野村ホールディングス(同0.5%)が指定されました。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン