グローバルサプライチェーンリスクマネジメントの実現 テロや災害に負けない強いサプライチェーンを作る | KPMG | JP

グローバルサプライチェーンリスクマネジメントの実現 テロや災害に負けない強いサプライチェーンを作るには

グローバルサプライチェーンリスクマネジメントの実現 テロや災害に負けない強いサプライチェーンを作るには

2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水により、多くの日系企業のサプライチェーンが影響を受け注目を集めたことは、いまだに強く記憶に残る。2015年においても、フランスでの同時多発テロや中国天津での工場爆発事故、世界各地での感染症の拡大、日本では豪雨による鬼怒川の氾濫等、大規模な事故・災害等が国内外で多発している。

関連するコンテンツ

海外展開によりビジネスチャンスが拡大する半面、それに伴う新たなリスクに対応するため、グローバルに拡大するサプライチェーンにおけるリスク対策は、非常に重要な要素になる。

本稿では、グローバル規模のサプライチェーンリスクマネジメント(G-SCRM:Global Supply Chain Risk Management)の考え方と、その実現に向けたアプローチ方法について解説する。

内容

  1. グローバルサプライチェーンが直面するリスク
  2. 予測困難なサプライチェーン寸断のリスク
  3. G-SCRM実現に向けたポイント
  4. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 土谷 豪

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信