銀行規制の進化 パート3 - データとテクノロジー:規制上、事業上の課題 Evolving Banking Regulation Part Three - Data and technology

銀行規制の進化 パート3 - データとテクノロジー:規制上、事業上の課題

2015年の「規制の進化」シリーズでは、パート1で銀行に対する規制圧力、パート2で銀行の事業構造及びビジネスモデルについて取り上げました。このパート3では、データ及びテクノロジーを取り上げます。高品質なデータと効果的なテクノロジーは、収益力のある持続可能な銀行の中核となるものです。

関連するコンテンツ

規制

金融規制上求められる報告は増加しています。
規制で求められるデータ及びテクノロジーが銀行内に存在するか、資本計画・リスク管理等の内部モデルは規制が求める考え方に一致しているかなどが問題となります。

データ

顧客ニーズに応えるとともに、リスク・ガバナンスを支える基礎となるのが高品質なデータとデータ分析です。

テクノロジー

顧客のデジタル・サービスへの期待は高まる一方であり、その期待に応えるサービスを提供するテクノロジー能力がある銀行は、競争優位を獲得できます。また、高度なテクノロジーはコスト削減のツールにもなります。

内容

  1. エグゼクティブ・サマリー
  2. 銀行が受ける影響
  3. 銀行に対する規制圧力
  4. 銀行に対する商業的圧力
  5. KPMGの提携・買収企業
  6. 用語集

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン