ますます膨らむ世界的課題 - エネルギー・資源セクターにおける贈収賄・汚職防止コンプライアンスの管理 | KPMG | JP

ますます膨らむ世界的課題 - エネルギー・資源セクターにおける贈収賄・汚職防止コンプライアンスの管理

ますます膨らむ世界的課題 - エネルギー・資源セクターにおける贈収賄・汚職防止コンプライアンスの管理

エネルギー・資源系企業を取り巻く事業環境は、世界各地でますます複雑化しています。とりわけ、コンプライアンス、中でも贈収賄・汚職防止(anti-bribery and corruption、「ABC」)の領域において、この傾向は特に顕著であると言えます。エネルギー・資源系企業が、より馴染みの薄い地域へとさらに進出するにつれ、リスクは急増し、その把握はより困難になっています。

関連するコンテンツ

エネルギー・資源系企業のコンプライアンスに新たなリスクを生み出している要因は2つあります。第1に、贈収賄・汚職防止規制を厳格化する国や、新たな規制を設ける国が世界的に増加していること、そして第2に、事業のグローバル化につれ、遠隔地であり、さらに、しばしば大きな汚職リスクが存在する地で事業を行うために、第三者への依存度が以前より高くなっていることです。

贈収賄・汚職防止コンプライアンスのリスクに関する調査をするために、KPMGは世界各地の多様な業界と部署で働く659名の企業幹部を対象に調査を行いました。当該調査レポートは、グローバリゼーションが新たな段階に入る中で、企業が贈収賄・汚職防止のリスク管理という課題に取り組むのは簡単ではないという現状を示しています。

内容

  1. ますます膨らむ世界的な課題-贈収賄・汚職防止コンプライアンスの管理
  2. 仲介者の追跡
  3. さまざまな領域に存在する課題
  4. コスト効率性の良い贈収賄・汚職の防止
  5. 執行措置のグローバルトレンド
  6. 正しいことをする
  7. 調査について

執筆者

KPMG in South Africa
ENR
Global Forensic Sector Leader
Roy Waligora 他

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子(日本語訳版)のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信