グローバル消費財流通企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2015 | KPMG | JP

グローバル消費財流通企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2015 Global Consumer Executive Top of Mind Survey 2015

グローバル消費財流通企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2015

「立ち止まれば立ち遅れる」データ・セキュリティ、オムニチャネルやサプライチェーンの効率化など、消費財企業へのプレッシャーは依然厳しいものがあります。もう一歩前進して売上成長に努めなければならない環境下にあって、最大の焦点は、競争優位性を築くまたは維持するための、妥協なき意思決定にかかっていると言えるでしょう。

関連するコンテンツ

世界経済は長年の景気後退から抜け出たとはいえ、未だ楽観視できない状況にあります。
KPMG と Consumer Goods Forum (CGF)が世界の消費財企業539名のシニアエグゼクティブを対象に実施した調査では、2015年における消費財/小売業界の最大の焦点が、その事業領域、規模、地域にかかわらず、自社の事業拡大と売上成長であるという結果が明らかとなっています。今なぜ、事業拡大と売上成長がかつてないほどに重要とされているのか。本調査ではこれを検証することから始め、企業がその成長と事業拡大の道筋を計画するうえで検討しなければならない戦略の成功要因、更にはいくつかの潜在的な懸念領域への洞察や、企業の売上成長を牽引する重要なビジネス上の6つの具体的な「施策」を紹介しています。

ご関心がある方は、PDF(日本語版)を公開していますのでご覧ください。また、英語版のPDFも公開しています。

内容

  1. はじめに
  2. 成長戦略
  3. 成長戦略の成功要因
  4. 消費者との信頼関係
  5. オムニチャネルとテクノロジー
  6. データ・セキュリティ
  7. 企業の社会的責任とサステナビリティ
  8. 消費者志向の理解
  9. サプライチェーン
  10. 結論

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信