タイ外資規制に関する最近の政府解釈と違反リスク対策 | KPMG | JP

タイ外資規制に関する最近の政府解釈と違反リスク対策

タイ外資規制に関する最近の政府解釈と違反リスク対策

日系企業がタイで事業を行ううえで、最も重要な法律の1つである「外国人事業法」について、タイ政府はウェブ上で判断事例を公開しています。同法は外資規制を規定するもので、独資または外資マジョリティでタイに進出した日系企業にとって、どのような事業が外資規制に抵触するのか、あるいは抵触しないのか、タイ政府の解釈を知るうえで貴重な資料となっています。

関連するコンテンツ

本稿では、最近の判断事例から、製造、販売、サービス、および従業員向けの福利厚生といったトピックに関して、日系企業にも関連の深い案件を紹介し、留意すべき点や誤解しやすい点を解説するとともに、外資規制を含めたタイの法律に対する違反リスク対策について検討します。

内容

  1. タイ外資規制における政府解釈の重要性
  2. 外資規制に関する政府解釈
  3. 違反リスクへの対策

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 吉田 崇

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信