欧州4大プロサッカーリーグと比較した際の日本サッカー界の経営課題 | KPMG | JP

欧州4大プロサッカーリーグと比較した際の日本サッカー界の経営課題

欧州4大プロサッカーリーグと比較した際の日本サッカー界の経営課題

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とイングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、スペイン・リーガエスパニョーラ、イタリア・セリエA(欧州4大プロサッカーリーグ)の市場規模を比較すると、欧州4大プロサッカーリーグの規模は非常に大きく、現状ではJリーグと大きな差が生じています。

関連するコンテンツ

差が生じる1つの要因として、主にスタジアムへの投資が考えられ、ブンデスリーガとプレミアリーグがその代表例で、スタジアムの新設や改修することで観戦しやすいスタジアムへと生まれ変わることができました。

サポーターが観戦するうえで快適な空間を作っただけではなく、サッカー観戦以外のエンターテインメントと融合することで観客動員数が飛躍的に増加したため、クラブ経営は好循環に乗り、財政基盤が安定したことからクラブ規模をさらに大きくできました。

現在、Jリーグでもサッカー専用スタジアムかつ複合スタジアムを増やしていく機運が高まってきており、今後の動向が期待されています。

内容

  1. 営業収入の比較
  2. 観客動員の比較
  3. 観客動員とスタジアムの関連
  4. スタジアムビジネス

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
スポーツアドバイザリー室
室長 パートナー 大塚 敏弘
スポーツ科学修士 得田 進介

日本のスポーツビジネスの行方

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信