マイナンバーの通知が開始 マイナンバー制度への民間企業の対応状況のチェックについて

マイナンバーの通知が開始 マイナンバー制度への民間企業の対応状況のチェックについて

2015年10月5日からマイナンバーの通知が開始された。2016年1月からは社会保障、税金、防災対策の分野においてマイナンバーが運用されるが、準備が不十分、もしくはまだ始めてもいない企業が多いという調査結果も出ている。

関連するコンテンツ

遅くとも人事異動の多い4月までには、規程類の整備、安全管理措置の構築、さらには、年末調整に向けた業務プロセスや情報システムの見直し等の対応が必要である。マイナンバーを必要とする事務手続や安全管理措置が検討されていないため、特定個人情報の漏えい等が発生し、個人情報保護法に比べ重い罰則が科される等、企業への信頼性の低下につながる大きな影響が懸念される。そうしたリスクに対し、猶予規定も考慮し、2016年度に行わなければならない制度対応から進める必要がある。

内容

  1. 民間企業におけるマイナンバー制度への影響について
  2. マイナンバー制度対応に関する考え方と対応詳細
  3. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
シニアマネジャー 大津留 一郎

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン