固定資産再評価に関する新しい優遇税制 | KPMG | JP

固定資産再評価に関する新しい優遇税制

固定資産再評価に関する新しい優遇税制

インドネシア政府は固定資産再評価にかかる優遇税制として、財務省令PMK-191/2015を2015年10月15日に公表しました。

関連するコンテンツ

この財務省令PMK-191/2015は投資手続きの簡素化や、附帯税の免除(サンセットポリシー)、Tax Holiday、Tax Allowanceなどの優遇税制を定めた経済パッケージの一環として出されたものです。

内容

  1. 概要
  2. 再評価差額に対する分離課税(Final Income Revaluation)
  3. 再評価の対象となる資産
  4. 鑑定評価レポート入手後に申請する場合
  5. 鑑定評価レポート入手前に申請する場合

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信