IASB、IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」を公表 | KPMG | JP

IASB、IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」を公表

IASB、IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2017年9月14日、IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」を公表しました。本実務記述書は、報告企業が国際財務報告基準(IFRS)に従って作成する一般目的の財務諸表を作成する際の重要性の判断に係る強制力のないガイダンスを提供するものです。

関連するコンテンツ

ポイント

  • 本実務記述書は、企業がIFRS基準に従って財務諸表を作成する際に、情報に重要性があるかどうかを決定するために有用となる可能性のある実務ガイダンスと設例を提供している。
  • 情報が重要であるかどうかは、財務諸表の主要な利用者が行う意思決定に影響することが合理的に予想され得るかどうかにより判断される。
  • 本実務記述書は、IFRSに準拠して財務諸表を作成するうえで、遵守することが要求されるものではない。2017年9月14日以後に作成する財務諸表について本実務記述書のガイダンスを適用することが認められる。

PDFの内容

  1. 要約
  2. 公表の背景
  3. 本実務記述書の内容

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信