IFRS財務諸表ガイド - IFRS第15号開示補足資料(2017年10月版) | KPMG | JP
close
Share with your friends

IFRS財務諸表ガイド - IFRS第15号開示補足資料(2017年10月版)

IFRS財務諸表ガイド - IFRS第15号開示補足資料(2017年10月版)

Guide to financial statements - この冊子は、2018年1月1日以降開始する事業年度に適用されるIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」により要求される開示例及び解説を、遡及アプローチ及び累積的キャッチ・アップ・アプローチごとに提供するものです。

関連するコンテンツ

本冊子は、KPMG InternationalのIFRGメンバーファームが「IFRS年次財務諸表開示例・ガイド」の補足資料として作成した、「IFRS 15 supplement - Guide to annual financial statements」(英語PDF:1,620kb)を日本語訳したものです。

本冊子は、以前公表した「IFRS年次財務諸表ガイド - IFRS第15号に関する開示例の補足資料(2015年11月版)」(PDF:2,239kb)をアップデートしたものであり、遡及アプローチ及び累積的キャッチ・アップ・アプローチをそれぞれ適用した場合の開示例を、より具体的に提供すべく改編がなされたものです。

PDFの内容

  1. 本冊子について
  2. IFRS第15号について
  3. PartI - 遡及アプローチ
    連結財政状態計算書
    連結純損益及びその他の包括利益計算書
    連結持分変動計算書
    連結キャッシュフロー計算書
    連結財務諸表注記
    1. 収益
    2. 契約コスト
    3. 事業セグメント
    4. 会計方針の変更
  4. PartII - 累積的キャッチ・アップ・アプローチ
    連結財政状態計算書
    連結純損益及びその他の包括利益計算書
    連結持分変動計算書
    連結キャッシュフロー計算書
    連結財務諸表注記
    1. 収益
    2. 契約コスト
    3. 事業セグメント
    4. 会計方針の変更
  5. Appendix - 実務上の便法を用いた遡及アプローチの適用

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Guide to financial statements

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信