FASB - ASU第2015-17号「繰延税金の貸借対照表上の分類」を公表 | KPMG | JP

FASB - ASU第2015-17号「繰延税金の貸借対照表上の分類」を公表

FASB - ASU第2015-17号「繰延税金の貸借対照表上の分類」を公表

Defining Issues 15-55 - FASBが2015年11月20日に、ASU第2015-17号「繰延税金の貸借対照表上の分類」を公表したことについて記載しています。このASUは、簡素化のプロジェクトの一環であり、貸借対照表を流動・非流動に区分して表示する場合は、すべての繰延税金資産及び繰延税金負債を非流動に分類することを企業に義務付けるものです。これにより従来よりコストと複雑性が軽減されます。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 繰延税金の表示
  4. 移行措置及び適用日

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信