企業はカントリーリスクにどのように向き合うべきか メガトレンド分析によるリスク管理の高度化 | KPMG | JP

企業はカントリーリスクにどのように向き合うべきか メガトレンド分析によるリスク管理の高度化

企業はカントリーリスクにどのように向き合うべきか メガトレンド分析によるリスク管理の高度化

日本企業における海外事業の管理テーマとして、カントリーリスクが注目を集めている。海外への事業投資を積極的に行う企業にとって、事業環境は複雑化しており、その不確実性もますます高まっている。カントリーリスクに対する感度を高め、想定される自社へのポジティブあるいはネガティブな影響を「先読み」する力をつけることは、企業が競争を勝ち抜くための重要な要素の1つになるといえる。

関連するコンテンツ

本稿では、近年の企業を取り巻く動向から、カントリーリスクへの対応が重要視されつつある背景を説明するとともに、企業がとるべきアプローチについて解説する。

内容

  1. なぜ、今、カントリーリスクへの対応が重要なのか
  2. カントリーリスクへの対応アプローチ
  3. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信