株主との対話-コーポレートガバナンスとIR/SR活動の今後(前篇)

株主との対話-コーポレートガバナンスとIR/SR活動の今後(前篇)

2015年6月より適用開始となったコーポレートガバナンス・コードにより、IR/SR活動に求められる役割が、これまでのIR/SR担当者から企業経営者のそれへと、劇的に変わろうとしています。以前から資本コストの低減を通じて企業価値を顕在化させ、適正株価を実現することがIR/SR活動の命題でありました。そして機関投資家がコーポレートガバナンスに求めるのは「株主資本コストを上回るリターン」に他なりません。

関連するコンテンツ

今回導入されたコードでは、これらを敷衍(より詳しく解説)して、「株主との対話」の重要性を謳っており、IR/SR活動を通じていかに株主資本コストを引き下げるのか、いかにマーケットが求める期待(リターン)に応えていくのかが「株主との対話」における最重要課題となっております。

本稿では、2回にわたりコーポレートガバナンスにおける「株主との対話」について解説致します。第1回目の本稿では、「株主との対話」の核となるIR/SR活動の意義と長期投資家がコーポレートガバナンスにおいて求めるリターンと企業価値との関係について解説致します。

内容

  1. IR/SR活動の意義=資本コストの低減と企業価値の顕在化
  2. コーポレートガバナンスの目的とIR/SR活動の位置付け
  3. 資本コストと企業価値評価の関係

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アドバイザリー本部
グローバル財務マネジメント
IR/SRアドバイザリー担当
シニアマネジャー 土屋 大輔

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン