BEPS最終報告書(Action 6)租税条約の濫用防止

BEPS最終報告書(Action 6)租税条約の濫用防止

経済協力開発機構(OECD)は10月5日、税源浸食と利益移転(BEPS: Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトにおける15の行動計画(Action Plan)に関する最終パッケージを公表しました。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、15のAction Planのうち、Action 6(Reventing the Granting of Treaty Benefits in Inappropriate Circumstances/租税条約の濫用防止)の最終報告書の概要をお知らせいたします。

内容

  1. Action 6の背景と最終報告書の構成
  2. 租税条約の特典の不適切な付与を防止する規定の導入
  3. 租税条約は国内法の規定の適用を妨げるものではないことの明確化
  4. 今後の対応等

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン