BEPS最終報告書(Action 5)有害税制への対抗

BEPS最終報告書(Action 5)有害税制への対抗

経済協力開発機構(OECD)は10 月5日、税源浸食と利益移転(BEPS: Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトにおける15の行動計画(Action Plan)に関する最終パッケージを公表しました。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、15のAction Planのうち、Action 5(Countering Harmful Tax Practices More Effectively, Taking into Account Transparency and Substance/有害税制への対抗)の最終報告書の概要をお知らせいたします。

内容

  1. Action 5の背景と最終報告書の構成
  2. 有害税制の審査基準
  3. ルーリングの自発的情報交換義務付けのフレームワーク
  4. OECD加盟国及びBEPSアソシエイト諸国の優遇税制の審査
  5. 今後の対応

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン