BEPS最終報告書(Action 12)義務的開示制度 | KPMG | JP

BEPS最終報告書(Action 12)義務的開示制度

BEPS最終報告書(Action 12)義務的開示制度

経済協力開発機構(OECD)は10 月5日、税源浸食と利益移転(BEPS: Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトにおける15の行動計画(Action Plan)に関する最終パッケージを公表しました。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、15のAction Planのうち、Action 12(Mandatory Disclosure Rules/義務的開示制度)の最終報告書の概要をお知らせいたします。

内容

  1. Action 12の背景と最終報告書の構成
  2. 義務的開示ルール(モデル)のオプション
  3. 国際的租税スキームに関する義務的開示ルール
  4. 今後の対応

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信