LNG・FLNG業界におけるタックスマネジメント:現場からの教訓 | KPMG | JP

LNG・FLNG業界におけるタックスマネジメント:現場からの教訓

LNG・FLNG業界におけるタックスマネジメント:現場からの教訓

税務の観点から見ると、新技術や新しい事業のやり方は、新たな税務上の課題をもたらします。LNGやFLNGのプロジェクトも例外ではありません。投資家やオペレーターは、各種の免税措置や優遇税制、租税還付の取りこぼしがないよう徹底すると同時に、複雑な法人所得税制度、資源課税制度を遵守し、サプライチェーン全体の間接税や関税の納付義務を管理するという難題を突き付けられています。

関連するコンテンツ

LNG・FLNG業界に影響を与えている最も重要な税務上の課題は何か。その答えを見つけるべく、南アフリカ、ナイジェリア、日本、カナダおよび豪州の各市場でLNGやFLNGの生産者や投資家に直接助言した経験を有する、各国のKPMGメンバー企業のエネルギー・天然資源関連税務の専門家に意見を求めました。このレポートは、世界各地で出現している急速に拡大中のLNG・FLNGへの投資機会を検討中の投資家のために、彼らの洞察に基づき、複数の重要なポイントを解説しています。

本レポートは、一連のLNGレポートの第4弾として、より適切なプロジェクト管理、コストの透明性、ガバナンス、関連法域との関わり合い、ステークホルダーへの対処およびオポチュニティの選定を通じたプロジェクトの経済性と確実性の向上について、より深い洞察を提供することを目的としています。

内容

  1. イントロダクション
  2. 絶え間ない変化の中で税の確実性を達成する:南アフリカからの教訓
  3. 税制上の優遇措置と原料ガスの安定供給の確保:ナイジェリアからの教訓
  4. 海外へのLNG投資:日本からの教訓
  5. LNG輸出を拡大すべく、新規および既存の租税の両立を図る:カナダ
  6. 未知の領域:豪州からの教訓
  7. LNGの税務担当幹部への重要な質問
  8. 結論

執筆者

KPMG税理士法人
パートナー 高嶋 健一 他

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子(日本語訳版)のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信