資産運用規制の進化 - 相反する力に対処する Evolving Investment Management Regulation - Navigating opposing forces

資産運用規制の進化 - 相反する力に対処する

最新の「資産運用規制の進化」をお届けします。資産運用業界は、世界経済の拡大、長寿化等による資産運用業務への需要拡大によって黄金期ともいえる状況に至っています。一方で、資産運用業界の拡大は新たな金融市場の不安定要因とみなされ、資産運用会社に対する新たな規制の導入と規制強化の動きが生じています。当レポートでは、最新の規制動向とその影響に関する考察を提供いたします。

関連するコンテンツ

注目の的に

資産運用会社とファンドは金融当局によるより厳しい監視の対象となっています。

文化・コンダクト・利益相反

資産運用会社は顧客の利益のために行動し、利益相反に正面から対処することを求められています。

民間投資を促進する

資産運用会社は、新興企業及び社会的インフラ事業への投資など多様な資産への投資を促進する役割を求められています。

長期貯蓄も奨励

運用資産の拡大に伴ってシステミックリスクに関する規制上の論点となる可能性があります。

販売方法はなお流動的

金融当局はコストと手数料の透明性を強く求めています。

販売方法はなお流動的

金融当局はコストと手数料の透明性を強く求めています。

報告は著しく変化

規制上のデータに関する長期的なデータ・アーキテクチャ戦略の構築が求められています。

サイバーリスクがアジェンダの中心に

資産運用会社はそのサイバーセキュリティポリシーと組織能力の課題に対処することが求められています。

内容

  1. はじめに
  2. エグゼクティブサマリー
  3. 資産運用が注目の的へ
  4. 文化、コンダクト、利益相反:当局は具体的な改革を求める
  5. 政府による民間投資の奨励
  6. 政府による長期貯蓄の奨励
  7. ファンド販売:一部の障壁は低くなるが、高くなるものも
  8. データ:規制により、報告は著しく変更
  9. サイバーリスクは主流の位置へ
  10. 略語集
  11. 謝辞

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン