合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関する3つのレポートのリリース/ムンバイ所得 ... | KPMG | JP

合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関する3つのレポートのリリース/ムンバイ所得税裁判所、評価報告書の参照義務を判示

合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関する3つのレポートのリリース/ムンバイ所得税裁判所 ...

India News - 「合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関する3つのレポートのリリース」と「ムンバイ所得税裁判所、評価報告書の参照義務を判示」についての情報を掲載しています。

関連するコンテンツ

合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関する3つのレポートのリリース

インド中が物品サービス税(GST)の早期展開を熱望していましたが、近年は、政府によるパブリックドメインで同分野で利用できる公表されたデータはほとんどありませんでした。
これは、憲法改正法案が通過していないことが主な原因でした。しかし、突然、中央政府は、GSTの手続きに関してパブリックコメントを求めるため3つのレポートをリリースしました。
合同委員会によるGSTのためのビジネスプロセスに関するレポートは、三つの重要なプロセス(登録、還付、納税)を詳細に議論し、GSTに関する透明性を提供することを目的としています。
またこのレポートは、憲法改正法案が議会を通過し州によって批准される前に議論を開始することにより、待望の改革を必ずやり抜くという中央政府の決意を反映しています。
(Tax Flash News-英語原文はこちら)

※インド当局から公表されたGTSの実務的な部分に関する3つのレポートの概略がまとめて記載されています。なお、公表中のレポートはドラフトであり、パブリックコメントを募集しているため、今後、内容に変更が加えられることになりますので、あくまでも参考としてお取扱いください。

移転価格調査官は、資産評価の専門家ではなく、法令に定められた手順に従って部門の資産評価官に評価報告書を必ず参照する必要あり

ムンバイ所得税裁判所は、納税者のKoch Chemical Technology Group (India) Limitedのケースについて、移転価格調査官(TPO:the Transfer Pricing Officer)は独立企業間価格(ALP:Arm’s Length Price)を決定するために、1961年所得税法セクション92Cで規定されている方法のいずれかを適用することになるとの判断を示しました。裁判所は、納税者が購入した機械の公正な市場価値を示す承認された鑑定人からの報告書を提出したとき、移転価格調査官は、そのような評価報告書を却下する前に、法定規定の手順に従って部門の資産評価官の機械の評価を参照する義務があると判示しました。さらに、裁判所は費用共同負担契約の独立企業間価格は、移転価格調査官による適切な評価がなされていない状態で取引価額を「ゼロ」と解釈することはできないと判示しました。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)

担当者

笠間 智樹、合田 潤

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信