英国の企業年金 2015年法改正とその対応 | KPMG | JP

英国の企業年金 2015年法改正とその対応

英国の企業年金 2015年法改正とその対応

英国では、2015年4月に年金法の改正が施行されました。Pension Freedomとも呼ばれるこの改正により、年金の受け取り方法の自由度が大きく拡大しました。

関連するコンテンツ

英国では多くの企業が確定給付型企業年金(DB)の債務に頭を悩ませていますが、法改正に対する従業員の理解を図ることで、従業員にとって望ましい選択をしてもらうと同時に、企業の年金債務を削減できる可能性があります。
本稿では、英国の年金制度の概要や近年の動向について触れたうえで、2015年法改正の内容と企業に求められる対応について説明します。

内容

  1. 英国の年金制度の概要
  2. 2015年法改正とその対応

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融アドバイザリー部
パートナー 枇杷 高志

KPMG英国 ロンドン事務所
Tax & Pensions
シニアマネジャー 萩原 浩之

イギリス

イギリス

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信