Jリーグの現状分析

Jリーグの現状分析

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は、1993年の開幕後、一時期低迷したものの、順調に市場規模を広げ、2008年には、営業収入が過去最高となりました。しかしながら、2009年以降、市場規模は下降線をたどり、2011年には、東日本大震災の影響で、大きく減少してしまいました。また、観客動員数についても、2009年をピークに徐々に減少傾向にあります。

関連するコンテンツ

現在のJリーグに加盟するほとんどのクラブは、スポンサー企業からの広告料収入に過度に依存しており、クラブ経営が安定しているとは言い難い状況にあります。そのため、選手や監督といった人件費に投資することができず、結果として、魅力的なリーグとならず、観客動員数を増やすことができないといった悪循環に陥ってしまっています。
Jクラブ全体で営業収入を増加させていきJリーグを盛り上げていくためには、特定の収入項目に依存することなく、Jクラブが営利企業として自立していくことが急務であると言えます。

内容

  1. Jリーグの収入項目
  2. Jリーグの経営状態
  3. Jリーグの課題

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
スポーツアドバイザリー室
室長 パートナー 大塚 敏弘
スポーツ科学修士 得田 進介

スポーツアドバイザリー

スポーツアドバイザリー

一般事業会社へのサービス提供で培った知見や経験を活用し、強固な財政基盤の構築と成長戦略の策定、執行を支援します。

日本のスポーツビジネスの行方

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン