銀行規制の進化 南北アメリカ版 - 主な規制動向:設計段階から施行段階へ | KPMG | JP

銀行規制の進化 南北アメリカ版 - 主な規制動向:設計段階から施行段階へ Evolving Banking Regulation Americas Edition - The Regulatory Agenda

銀行規制の進化 南北アメリカ版 - 主な規制動向:設計段階から施行段階へ

最新の「銀行規制の進化」南北アメリカ版をお届けします。本レポートでは、金融危機以降の規制環境の厳しさと複雑さを映し出しています。金融危機が金融サービス業界に長い影を落とし続けるなか、さらなる規制改正が進行中です。

関連するコンテンツ

規制圧力指数

資本規制、流動性規制、システミック・リスク、文化とコンダクト、監督の各領域に関して主な課題を採り上げています。

主な規制動向:設計段階から施行段階へ

規制当局は強力なガバナンスは全ての銀行組織において重要と考えています。最近の傾向として最大手銀行は法令遵守および消費者保護の重要性を重視する企業文化を維持するべきであることを強調しています。
また、新たな規制の影響を理解するとともにビジネスモデル、商品・サービスへの戦略的影響を評価するには大変革が必要となります。そのために規制に応じた事業モデルを策定することが求められます。

南アメリカ

米国よりも変化のスピードは遅いですが、規制に関する方向性は同じであり、規制圧力は強まっています。

内容

  1. はじめに
  2. 規制圧力指数
  3. 主な規制動向:設計段階から施行段階へ
  4. 南アメリカ
  5. 結びにかえて

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信