FASB - ASU第2015-16号「測定期間中の修正に関する会計処理の簡素化」を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2015-16号「測定期間中の修正に関する会計処理の簡素化」を公表

FASB - ASU第2015-16号「測定期間中の修正に関する会計処理の簡素化」を公表

Defining Issues 15-43 - FASBが2015年9月25日に、ASU第2015-16号「測定期間中の修正に関する会計処理の簡素化」を公表したことに関する情報を記載しています。このASUは、企業結合が完了した後の会計期間(測定期間)中の修正について、財務諸表を遡及修正する規定を削除しています。測定期間中の修正は、その修正額が決定された会計期間に計上することになります。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容及び影響
  2. 測定期間-リマインダー
  3. 移行措置及び適用日
  4. コンバージェンス

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信