FASB - ASU案「開示が重要であるか否かの評価」及び概念書案「有用な財務情報の質的特性」を公表

FASB - ASU案「開示が重要であるか否かの評価」及び概念書案「有用な財務情報の質的特性」を公表

Defining Issues 15-42 - FASBが2015年9月24日に、開示フレームワークプロジェクトの一環として公表した、ASU案「開示が重要であるか否かの評価」及び概念書案「有用な財務情報の質的特性」に関する情報を記載しています。これらは、財務諸表の注記において重要な情報を提供するため、企業に今まで以上の柔軟性と裁量を与えるものとなっています。コメントの締切りは2015年12月8日です。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 背景
  4. 重要性
  5. 開示のレビュー

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン