SEC - 報酬比率に関する開示規則を承認

SEC - 報酬比率に関する開示規則を承認

Defining Issues 15-39 - SECが2015年8月5日に、最高経営責任者の報酬金額に対する全従業員の年間賃金総額の中央値の比率の開示を企業に義務付ける最終規則を承認したことに関する情報を記載しています。この開示は米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)によって義務付けられています。報酬比率の決定方法には柔軟性が認められ、開示は2017年1月1日以降開始する会計年度から義務付けられます。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 全従業員の定義
  4. 全従業員の年間賃金総額の中央値の識別
  5. 年間賃金総額の算定
  6. 開示
  7. 移行措置

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン