FASB - 収益認識基準における回収可能性及び完了済契約に関するガイダンスを明確化

FASB - 収益認識基準における回収可能性及び完了済契約に関するガイダンスを明確化

Defining Issues 15-38 - FASBが2015年8月31日の会議において、収益認識基準の適用に伴い、回収可能性及び何によって移行時の契約が完了したとみなされるかについてのガイダンスを明確化すると決定したことに関する情報を記載しています。この改訂案は、収益認識基準に関する他の改善事項及び明確化を含む公開草案に盛り込まれる予定です。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 回収可能性
  4. 移行時の完了済契約
  5. 次のステップ

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン