インド、日本との製造業分野の相互協議にサイン | KPMG | JP

インド、日本との製造業分野の相互協議にサイン

インド、日本との製造業分野の相互協議にサイン

India News - KPMGは最近、日本との相互協議*(MAP:Mutual Agreement Procedure)を通じて、製造分野の、ある企業による移転価格の紛争解決を支援しました。これは、納税者全体にとっての前向きな動きであり、二国間の対話を各国と行うというインド政府のコミットメントを反映したもので、移転価格分野の紛争を解決する有効な手段となります。

関連するコンテンツ

*相互協議とは、日本又は国外関連法人の所在地国における移転価格課税等により国際的な二重課税が生じた場合において、これを排除する目的で、租税条約の相互協議条項に従い、日本と相手国(租税条約締結国)の権限ある当局間で行われる政府間協議のことです。

※日本語版は添付資料「インド・日本間で製造業社のMAP成立」をご参照ください。

担当者

笠間 智樹、合田 潤

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信