IASB、見解提出のお願い「2015年アジェンダ・コンサルテーション」の概要 | KPMG | JP

IASB、見解提出のお願い「2015年アジェンダ・コンサルテーション」の概要

IASB、見解提出のお願い「2015年アジェンダ・コンサルテーション」の概要

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2015年8月11日、見解提出のお願い「2015年アジェンダ・コンサルテーション」を公表しました。「2015年アジェンダ・コンサルテーション」に対する見解提出の期限は2015年12月31日です。

関連するコンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は2015年8月11日、見解提出のお願い「2015年アジェンダ・コンサルテーション」を公表しました。アジェンダ・コンサルテーションを行う目的は、財務報告に関心のあるすべての市場関係者から、IASBのワーク・プランの戦略的な方向性と全体的なバランス、また、3年に一度行うアジェンダ・コンサルテーションの期間が妥当か否かの見解を収集することにあります。見解提出の期限は2015年12月31日です。

内容

  1. はじめに
  2. 背景
  3. 見解提出の方法
  4. 今後の流れ
  5. IASBにおける証拠に基づいた基準設定アプローチ
  6. IASBのワーク・プラン
  7. 2016年‐2020年におけるIASBのワーク・プランに関する質問

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信