IRSがFATCA登録およびFFIツールに関する更新情報を公表

IRSがFATCA登録およびFFIツールに関する更新情報を公表

8月12日、米国内国歳入庁(IRS)は、2015年内に改定を予定しているFATCAオンライン登録システムおよび外国金融機関(FFI)検索・ダウンロードツールに関する更新情報を公表しました。

関連するコンテンツ

背景

FATCAの下で、源泉徴収義務者は、特定米国人保有の口座または特定米国人が実質的な所有者である一定の外国法人が保有する口座について、特定の情報をIRSに報告することに同意しないFFIに対する特定の支払いに関しては、源泉徴収を行わなければならないこととされました。IRSによってグローバル仲介人識別番号(GIIN)を発行されたFFIは、月次更新されるFFIリストに掲載されます。ユーザーは、FFIリスト検索・ダウンロードツールを使用して、FFIリストの全金融機関、もしくは検索条件に合致する金融機関の情報をダウンロードすることができます。

FATCAオンライン登録システム改定の予告

FATCAオンライン登録システムには、新しい機能が追加される予定です。合わせて、関連するユーザーガイドとFAQ(よくある質問)についても更新されます。追加機能には、以下の内容が含まれます。

  • 現行契約の解約および再登録手続きをすることなく、FIタイプの変更、または他の拡大関連者グループ(EAG)のメンバーFIへの変更を可能とする機能
  • アカウント開設手続をやり直すことなく、金融機関が登録情報を更新できる機能
  • 一箇所から全ての登録情報テーブルをダウンロードする機能
  • スポンサー事業体が、スポンサー付事業体およびスポンサー付子会社の支店を個別登録、もしくは複数レコードを含むファイルのアップロードにより、自社のアカウントに追加できる機能
    • スポンサー付事業体およびスポンサー付子会社の支店に対応するカテゴリー区分がGIIN構成要素に追加
    • スポンサー事業体が、スポンサー付事業体に関するデータをアップロードする準備を支援するためのXMLスキーマファイルを開発(アップロード機能は2015年内に有効)
  • 登録に必要となる質問事項の追加
    • 質問3B:所在国の税務ID
    • 質問13Aと13B:共通の親会社情報
  • FATCAオンライン登録システムおよびFFIリストで使用される国コードの更新

FFIリスト検索・ダウンロードツール改定の予告

IRSは、2015年内にFFIリスト検索・ダウンロードツールの改定版をリリースする予定です。合わせて、関連するユーザーガイドとFAQ(よくある質問)についても更新されます。本改定により、以下の内容が追加されます。

  • FFIリストにスポンサー付事業体およびスポンサー付子会社の支店が追加
  • FFIリストの支店名の下に金融機関名が掲載
  • FATCA登録アカウント更新の結果、同一金融機関に2以上の有効なGIINが一時的に存在
  • スポンサー付事業体およびスポンサー付子会社の支店を含むFFIリストスキーマおよびテストファイル

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン