日本におけるエネルギートレーディング普及シナリオ-KPMGのサービス

日本におけるエネルギートレーディング普及シナリオ-KPMGのサービス

国内におけるエネルギーシステム改革の進展にともなって、エネルギートレーディングとトレーディングにともなうリスクマネジメントの重要性が増しています。国内の業界プレーヤーにとって、エネルギートレーディングにかかわるリスクを負担することは、不可避となりつつあり、今後の取引市場活性化の動向次第では、未経験のリスク管理プロセスとトレーディングケーパビリティを求められる可能性があります。

関連するコンテンツ

本冊子では、国内の業界プレーヤーがエネルギートレーディングの分野で直面する新たな展開や課題について概説するとともに、増大するリスク負担に対応するためのエネルギートレーディング・リスクマネジメント(ETRM)機能の導入を提案しています。
エネルギートレーディングで先行する欧米の先進的エネルギー企業は、ポートフォリオマネジメント機能を軸としたETRM機能を導入していますが、KPMGは、これらエネルギー企業のETRMの導入、機能拡大をグローバルにサポートしています。KPMGは、ETRMの導入にあたっての最重要事項は、コンプライアンスや会計・税務も含めたトータルでのETRM機能の最適化であると考えており、企業によるETRM機能の導入をサポートするための6つのカテゴリーにわたるサービスメニューを用意しています。

内容

  1. 日本のエネルギートレーディングの現状と議論
  2. 世界のエネルギートレーディングのトレンド
  3. 欧米との比較から導き出される日本のエネルギートレーディングの方向性
  4. KPMGのサービスメニュー

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
パートナー(常務取締役) 宮坂 修司

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 杉山 卓雄

KPMGコンサルティング株式会社
コンサルタント 江原 正和

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子(日本語訳版)のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン