コストの見える化 - オペレーターとノンオペレーターを悩ます複雑性を紐解く | KPMG | JP

コストの見える化 - オペレーターとノンオペレーターを悩ます複雑性を紐解く

コストの見える化 - オペレーターとノンオペレーターを悩ます複雑性を紐解く

完工スケジュールの死守という業界全体での競争によって、プロジェクトの支出増が誘発されました。原油価格が低下した今日では、できるだけ円滑に操業フェーズに移行すべく、低コストのオペレーティングモデルの導入が焦点になっています。

関連するコンテンツ

石油・ガス業界の上流分野において、コストの透明性は、オペレーター、ノンオペレーターの双方にとり、今も大きな関心事であることをKPMGの最近の取組みとその後の調査は明らかにしています。石油・ガス事業の各組織におけるコストの透明性を大幅に向上させることなしに、コストを削減し、より低いコスト水準へ引き下げることが難しいことは明白です。

本冊子は、各組織による持続可能なコスト削減の試みの中から、原油安の環境下で新たなコスト水準への移行を図る石油・ガス業界の上流分野に適用可能な教訓を探っています。

内容

  1. 序文
  2. ニューノーマル
  3. コストの透明化なしにどうしてコストを最適化できるだろう?
  4. 増大する問題
  5. 外部的な影響
  6. 内部的な影響と反応
  7. 強まる監視
  8. オペレーティングモデル
  9. コストは複数の次元で発生する
  10. コスト管理における文化面の課題
  11. 測定とモニタリング
  12. コスト構造の最適化への障壁
  13. コスト構造の最適化を可能にする主な要素
  14. 結論

執筆者

KPMG Australia
Partner
National Oil & Gas Leader Jonathan Smith

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子(日本語訳版)のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

原文コンテンツ(英語)

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信