IAISがICSの開発・導入プロセスの中間・最終目標と改訂版ICS原則を公表 | KPMG | JP

IAISがICSの開発・導入プロセスの中間・最終目標と改訂版ICS原則を公表

IAISがICSの開発・導入プロセスの中間・最終目標と改訂版ICS原則を公表

2015年6月24日、保険監督者国際機構(IAIS)は、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)に対するリスクベースでグローバルな保険資本基準(ICS)について、開発・導入プロセスの中間・最終目標と改訂版ICS原則を公表しました。

関連するコンテンツ

ICSは、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通の枠組み(ComFrame)の一環として開発されるもので、2014年12月17日に1stコンサルテーション・ペーパーが公表され、2015年4月より定量的フィールドテストが実施されています。

今回公表されたペーパーでは、ICSの最終化までに2つの中間目標を設定することが合意されたこと、及びICS原則の改定版が公表されたほか、ICSとComFrameの導入に関する修正スケジュールが公表されました。

ICSの目標‐Version 1.0, Version 2.0と最終目標

ICS Version 1.0の目標(非公表のレポーティング)

ここでの目標は、以下に基づいた非公表のレポーティングに向けてICSを導入することです。

  • 特定の2つの評価アプローチ(ファクターアプローチ、ストレスアプローチ)
  • ICSの資本要件の標準的な計算手法

また、ICS Version 1.0の完成後、以下を含むICSの資本要件の他の計算手法についても検討する予定です。

  • 内部モデルの使用(部分内部モデルもしくは完全内部モデル)
  • 外部モデル
  • 標準的手法のバリエーション

ICS Version 2.0の目標(ComFrame内での適用)

ここでの目標は、監督機関による導入に適したICSの開発です。

  • ICS Version 1.0 に比べ、さらなる比較可能性の向上を目指すが、最終目標とされる比較可能性の水準には達しない見込み
  • ICS Version 1.0の2つの評価アプローチを含むが、評価における差異の縮小を目指す
  • ICS資本要件の計算には、標準的手法と、以下のような他の計算手法の両方が容認される見込み
    • 内部モデルの使用(部分内部モデルもしくは完全内部モデル)
    • 外部モデル
    • 標準的手法のバリエーション

ICSの最終目標

IAISの最終目標は、時期は未定ですが、国・地域を超えて比較可能な(つまり概ね同等な)結果を導くことの可能な、共通の手法による単一のICSを策定することです。現在は、最終目標に向け、内容に関して早まった判断はせず、ICSの重要な要素(評価、資本リソース、資本要件)のコンバージェンスに向けて順次取り組んでいます。

ICS Version 2.0の適用後、各国・地域において、ICSを規制要件と監督機能に組み込むための導入期間が設けられます。IAISは、導入のためのモニタリング期間中に、将来のマイルストーンに向けたコンバージェンスへ進展しつつ、間違いなく教訓を学び、生かしていくことでしょう。

ICS原則(2015年6月改定版)

ICS原則1 ICSは、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)とグローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)に対する自己資本の、グローバルに比較可能なリスクベースで測定されるグループ連結の基準である。
ICS原則2 ICSは、保険契約者保護と金融システムの安定化が主な目的である。
ICS原則3 * ICSの目的の1つは、G-SIIsに対するより高い損失吸収(HLA)の基礎となることである。
ICS原則4 ICSは、IAIGが晒されている全ての重要なリスクを反映する。
ICS原則5 ICSは、異なる国・地域間での結果の比較可能性を目指すことで、グループレベルの監督機関と主体となる監督機関によるIAIGsのクロスボーダーな分析に対する信頼性及び監督機関間の相互理解の向上をもたらす。
ICS原則6 * ICSは、IAIGs及びG-SIIsによる健全なリスク管理を促進させる。
ICS原則7 ICSは、監督機関及びIAIGsによる不適切なプロシクリカルな行為を最小限に抑えることで、慎重に健全な行為を促進させる。
ICS原則8 ICSは、リスク感応度と簡便さの間の適切なバランスをとる。
ICS原則9 ICSは、特に最終的な結果の開示において透明性がある。
ICS原則10 ICSの資本要件は、適切な目標基準(これはキャリブレーションの基礎となる)に基づく。

* 2015年6月改定

ICSとComFrameの策定プロセス

時期 マイルストーン
2016年5月/6月
  • 2016年の定量的フィールドテスト開始
  • ICSの2ndコンサルテーション・ドキュメントとComFrameのコンサルテーションの公表
2016年9月/10月
  • 2016年の定量的フィールドテストの締切
  • ICSの2ndコンサルテーション・ドキュメントとComFrameのコンサルテーションのコメント締切
2017年5月/6月
  • ICS Version 1.0の採択
  • 2017年の非公表の報告プロセスの開始
2017年9月/10月

2017年の非公表の報告プロセスの締切

2018年5月/6月
  • 2018年の非公表の報告プロセスの開始
  • ICS Version 2.0とComFrameのコンサルテーション
2018年9月/10月
  • 2018年の非公表の報告プロセスの締切
  • ICS Version 2.0とComFrameのコンサルテーションのコメント締切
2019年4月/5月 2019年の非公表の報告プロセスの開始
2019年9月/10月 2019年の非公表の報告プロセスの締切
2019年IAIS総会 ICS Version 2.0を含むComFrameの採択

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信