インドはIT、ITサービス産業における最初のAPAの一つに署名 | KPMG | JP

インドはIT、ITサービス産業における最初のAPAの一つに署名

インドはIT、ITサービス産業における最初のAPAの一つに署名

India News - インドは、IT、ITサービス産業における最初の事前確認制度(Advance Pricing Agreement:APA)の一つに署名しました。

関連するコンテンツ

IT、ITサービス産業において増え続ける移転価格紛争の取り組みに、新しい待望の章が開きました。KPMGインドは、著名なIT、ITサービス産業に属する企業の直接税中央委員会(the Central Board of Direct Taxes:CBDT)、インド政府とのAPAへの署名に関して支援しました。今回の署名がIT、ITサービス産業における最初のAPAの一つであることは、今後、多くの同様のAPAへの署名への道が開かれることが見込まれます。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)

担当者

笠間 智樹、合田 潤

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信