「我が国の財務諸表の表示・開示に関する検討について」の解説

「我が国の財務諸表の表示・開示に関する検討について」の解説

JICPAは平成27年4月16日に、意見募集「我が国の財務諸表の表示・開示に関する検討について」と会計制度委員会研究資料「我が国の財務諸表の表示・開示に関する調査・研究」を公表しました。国内外において企業の情報開示に関する議論が活発に行われるなかで、JICPAは、財務諸表の表示・開示についての会計基準を検討する時機が来ているのではないかと考え、我が国における会計基準の必要性を検討しています。

関連するコンテンツ

JICPAは、我が国の財務諸表の表示・開示についての会計基準の必要性の最終的な結論を得るためには、さらなる調査・研究が必要と考えています。こうした観点から、これまでの調査・研究の結果及び現時点におけるJICPAの考えについて、外部からの意見を募集することとしています。
本稿では、今回JICPAが公表した意見募集と研究資料について解説します。

内容

  1. 意見募集及び研究資料の公表経緯
  2. 本意見募集の概要
  3. 本研究資料の概要

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
パートナー 高津 知之

日本基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン