FASB - ASU第2015-11号「棚卸資産の測定の簡素化」を公表

FASB - ASU第2015-11号「棚卸資産の測定の簡素化」を公表

Defining Issues 15-33 - FASBが2015年7月に公表したASU第2015-11号「棚卸資産の測定の簡素化」に関する情報を記載しています。このASUは、棚卸資産の測定の原則を、低価法から原価と正味実現可能価額とのいずれか低い金額で測定する方法に変更するもので、FASBの簡素化のプロジェクトの一環として、後入先出法または売価還元法以外の方法で棚卸資産を測定する企業に適用されます。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 棚卸資産の測定
  4. 移行措置及び適用日

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン