経済産業省「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会報告書」について(前編)

経済産業省「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会報告書」について(前編)

「日本再興戦略」の一環として、経済産業省が2014年9月に立ち上げた「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会」(座長:伊藤邦雄一橋大学特任教授)による報告書「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会報告書~対話先進国に向けた企業情報開示と株主総会プロセスについて~」が2015年4月23日に公表されました。

関連するコンテンツ

本報告書は、企業と投資家が質の高い対話を通じて相互理解を深め、中長期的な企業価値創造を行うための環境づくりを提言しています。
あずさ監査法人では、本研究会に関連して調査研究を実施して報告書を提出するとともに、これらの会合に係る事務局として運営のサポートを行いました。こうした知見および経験に基づき、本報告書の内容をQ&A形式で前編・後編に分けて紹介します。前編となる本稿では、報告書公表の経緯・背景を踏まえたうえで、報告書の概要について解説します。

内容

  1. はじめに
  2. 報告書公表の経緯・背景
  3. 報告書の概要

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
監査品質管理部
パートナー 和久 友子
シニアマネジャー 林 琢也

会計・審査統括部
マネジャー 小林 央子

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン