地方創生の取組みの概要と課題

地方創生の取組みの概要と課題

地方創生の背景には、地方から東京圏への人口流出を原因とする人口減があり、将来的に全国の自治体の約半数が消滅する可能性も言及されています。政府は「まち・ひと・しごと創生」総合戦略によって、「しごと」と「ひと」の好循環と、それを支える「まち」の活性化により、人口減と地域経済縮小の克服を目指すとしており、各地域の自主的な取組みが求められています。

関連するコンテンツ

地方創生の取組みに対する課題として、(1)各地域の特徴・資源を生かしたイノベーションの誘発、(2)地域の中小企業・サービス業の生産性向上、再編の必要性、(3)人口減社会を前提においた公共サービス提供体制の再編成が考えられますが、産官学金等が各々創意工夫を凝らし、地域全体の活性化に向けて継続的に取り組む必要があります。

本稿では、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部の公表資料等に基づき、地方創生の背景や、政府の総合戦略の概要、地方創生の取組みに係る課題について説明します。

内容

  1. 地方創生の背景と政府の総合戦略の概要
  2. 地方創生の取組みに係る課題と対応の方向性
  3. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
地方創生支援室長
パートナー 小林 篤史

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン