IASB、「IFRS第3号『企業結合』の適用後レビュー」を公表 | KPMG | JP

IASB、「IFRS第3号『企業結合』の適用後レビュー」を公表

IASB、「IFRS第3号『企業結合』の適用後レビュー」を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2015年6月17日、「IFRS第3号『企業結合』の適用後レビュー」を公表しました。IASBは、本適用後レビューにおいて、基準の要求事項について一般的には支持を得られているものの、のれんの会計処理を含むいくつかの領域では追加のリサーチが実施される予定であるとしています。

関連するコンテンツ

本適用後レビューは、IFRS第3号の他、企業結合プロジェクトの一環として修正された関連する基準を対象として実施されました。
IASBは、本適用後レビューにおいて、情報要請を通じた公開コンサルテーション、アウトリーチ活動、及び学術的研究のレビューを通じて得られた情報を検討しました。その結果、多くの財務諸表作成者や監査人が、IFRS第3号の適用にあたって、複雑な、または不明瞭な領域があると考えていることが判明しました。この領域には、のれんを償却するかどうかや、顧客関係やブランドといった無形資産をのれんから区分して識別・測定することの困難さ等が含まれています。一方、投資者や研究者の一部は、同基準について支持を表明しました。
本適用レビューの結果を受けて、IASBはのれんの減損及び他の無形資産の会計処理について、リサーチ・アジェンダに追加することを決定しました。

内容

  1. 本適用後レビューの概要
  2. コンサルテーション及び情報収集
  3. 発見事項の要約と次のステップ

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信