IFRS実務トピックニューズレター~銀行業~(2014-02) | KPMG | JP

IFRS実務トピックニューズレター~銀行業~(2014-02)

IFRS実務トピックニューズレター~銀行業~(2014-02)

ファイナンシャルサービス本部、IFRSアドバイザリー室は「IFRS実務トピックニューズレター~銀行業~」(2014-02)を公表しました。

関連するコンテンツ

本ニューズレターは、KPMG IFRG Limitedが発行したThe BANK STATEMENT(銀行向けIFRS関連ニュースレター)の2014年Q3版をベースに作成しています。
今回のニューズレターでは、2014年5月に公表されたIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」が、銀行に及ぼす主な影響について解説しています。

内容

  1. IFRS第15号の適用範囲に含まれる収益であるか?
  2. 新しいモデルの概説
  3. 投資運用業に対する潜在的な影響
  4. 消費者金融に対する潜在的な影響
  5. 他の銀行部門に対する潜在的な影響
  6. 新しい開示要求
  7. その他の予想される結果
  8. 日本の金融機関におけるIFRS適用上の影響

IFRSのトピック

IFRS実務トピックニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信