IFRSの任意適用をいかに成功させるか~「IFRS適用レポート」からの考察~ | KPMG | JP

IFRSの任意適用をいかに成功させるか~「IFRS適用レポート」からの考察~

IFRSの任意適用をいかに成功させるか~「IFRS適用レポート」からの考察~

2015年4月15日、金融庁は、我が国におけるIFRS任意適用企業の拡大促進策の一環として、「IFRS適用レポート」を公表しました。これは、我が国におけるIFRSの任意適用の積上げを図るため、IFRSの任意適用企業がIFRSへの移行時にどのような課題に直面し、それをどのように克服したのか、また、IFRS移行によるメリットにどのようなものがあったのか等に関する調査を行い、まとめられたものです。

関連するコンテンツ

IFRSを実際に任意適用している企業、あるいはそれに近い準備をしている企業による生の声は、IFRSへの移行を検討している企業にとって非常に参考となるものとなっています。本稿では「IFRS適用レポート」のポイントを確認しながら、移行プロジェクトをどのように成功させ、IFRS任意適用のメリットをいかに享受するかという観点から解説します。

内容

  1. IFRS適用レポートとは
  2. IFRS任意適用のメリットとその活用
  3. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アカウンティングアドバイザリーサービス
パートナー 中田 宏高

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信