FASB - ASU案「持分法会計の簡素化」を公表 | KPMG | JP

FASB - ASU案「持分法会計の簡素化」を公表

FASB - ASU案「持分法会計の簡素化」を公表

Defining Issues 15-24 - FASBが2015年6月5日に公表した、持分法の適用に関する次の規定を削除することを提案するASU案についての情報を記載しています。(1)投資の原価と被投資会社の純資産に対する投資会社の持分との差異の会計処理、及び(2)被投資会社に対する持分の増加により原価法から持分法へ変更となった場合の持分法の遡及適用。コメントの締切りは2015年8月4日です。

関連するコンテンツ

内容

  1. 主な影響
  2. 基礎的差額(Basis Differences)
  3. 持分法の遡及適用
  4. 提案された移行措置及び適用日

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信