景品表示法の改正 新たな課徴金リスクに、いかに備えるか

景品表示法の改正 新たな課徴金リスクに、いかに備えるか

2013年秋以降に相次いだ有名ホテル・レストラン等での食品メニュー表示等の問題を受け、2014年、2度にわたって不当景品類及び不当表示防止法(以下、「景品表示法」という)について改正が行われ、2014年11月に課徴金制度を導入する法改正が成立した。

関連するコンテンツ

本稿では、景品表示法が規制する行為のうち、2014年改正の主眼となっている不当表示に関する規制の概要とともに、企業において留意すべき点等につき解説する。

内容

  1. 景品表示法における不当表示規制について
  2. 企業において求められる対応
  3. おわりに

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー 水戸 貴之

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン